■POLICY
当店は、
Let's enjoy our lifestyle on OHSHIMA!
をモットーとし、大島での磯釣りを楽しむお客様のお手伝いを通して、お客様に快適なFishing Lifeを堪能していただくことを願い、日々営業をしている釣具店です。
お客様の快適なFishing Lifeのため、当店が少しでもお役に立てたなら幸いに存じます。
店主 拝

めじなダービーは、今年も開催を断念します
丸市おやじの「春夏秋冬」

2022.12.1 春 夏 秋 冬
<お 知 ら せ で す>

 

 今年はめじなダービーどうするの?この間、多くのお問い合わせがありました。今日まで、開催する方向で悩みになやみました。しかし、不本意ながら今年も開催を断念することに決定いたしました。

 ここのところ、新型コロナウィルスの感染者が増加傾向にあり、死亡する方も増加傾向にあります。また、季節性インフルエンザの同時流行も予想されています。専門家によれば、第八波の感染のピークが、来年一月中旬になるとの報道もありました。医療従事者の方々に負担をかけることは本意ではありません。
こうした諸事情をふまえ、残念ではありますが今年も開催を断念するという結論に至りました。

 めじなダービーを楽しみにしていただいていた皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解とご協力のほどをお願いする次第です。
来年度こそ、めじなダービーを皆様と大いに楽しめるように、今はただただ新型コロナウィルス感染症の終息を願うばかりです。

丸市おやじの「春夏秋冬」
被災から9年。政治は良くなるどころか劣化していくばかり。
丸市おやじの「春夏秋冬」

2022.10.16 春 夏 秋 冬

<土砂災害発災から9年が経ちました>


 多くの尊い犠牲者を出した悪夢のような土砂災害から9年が経ちました。亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
また、ご遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。

 9年がたった今でも自然災害に対する不安な気持ちは拭い去ることができません。様々な自然災害が日本各地で、世界のいたるところで引き起こされていることが、不安を拭い去ることができない原因に他ならないと思います。
また、2月24日には最悪の人災である戦争がロシアのプーチンさんによって開始されました。ロシアによるミサイル攻撃によって破壊されたウクライナの各都市の光景は、被災直後の元町の光景を嫌でも思い出させます。当時も被災直後の光景を爆撃を受けた後のようだと表現しましたが、決して大げさな表現ではなかったと改めて感じています。

さらに、不安を拭い去るどころかむしろ搔き立てているのが、政治の劣化だと思います。これまでも毎年同じことを書いてきましたが、政治が良くなるどころか劣化していくばかりです。岸田さんをはじめとして、口先では国民に丁寧に説明をしていくと言いながら、何ら説明責任を果たさない政治家ばかりです。あれだけ多くの人が反対していたにもかかわらず国葬を強行した岸田さん。聞く力など、それこそ聞いていてあきれるほかありません。


献花に来た人も大勢いた。とても意義のある素晴らしい国葬だったなどといって、国葬の強行を正当化をしているようですが、数の問題ではないでしょう。参列者の数なら、忌野清志郎さんや美空ひばりさんの葬儀の方が多かったのではないでしょうか。志村けんさんだったら、どれほどの人が集まったでしょうか。


問題は、世論調査の数字を無視して強行したことにあるわけです。国民の声を無視したことにこそ問題があるわけです。沖縄の世論を無視していることとまったく同じことです。
そのくせ支持率が低下する中でも、息子を秘書官に据えることを平然として行えるんですから、岸田さんの鈍感力?!には恐るべきものがあります。ある意味、感心させられてしまうほどです。

 安倍さんが銃撃されて亡くなった事件以降、次々に明らかになった政治家と統一教会との癒着関係。本気で今後は関係を断つというなら、なぜ、反日教団といってもおかしくない統一教会がここまで政治家と癒着関係が持てたのか。その結果、教団にお墨付きを与えることになり、教団による被害者を増やす結果になったわけです。だからこそ、このことをはっきりさせることが必要不可欠なことだと思います。

 岸田さんが、統一教会が問題のある団体だと本当に考えているとするなら、今後は関係を断つと本気で考えているならば、このことは最低限しなければならないことではないでしょうか。
そのうえで、宗教団体として優遇する必要がある団体か、否かを、岸田さんは自らの政権の責任としてはっきりさせるべきだと思います。

 統一教会とは知らなかった、わからなかった、覚えていない、忘れた、祝電を求められたら出すのが政治家。こんないい加減な釈明しかできない政治家だらけです。自分を支持してくれるならば、どんな個人も団体もウエルカム。こんなことが許されるわけ、あるはずがないじゃないですか。

 こんな言い訳を認めてしまったら、自分の政治活動をわずか数か月や1年で忘れてしまうような政治家、自分が何をしているのかもわからない政治家だらけになってしまいます。本当に政治が劣化していると言わざるを得ません。

 岸田さんは、原発の再稼働どころか新設までも進めようとしています。また、軍事費を現在より倍増させるとも言っています。さらには、任意取得であったマイナンバーカードを、健康保険証と紐づけて当然のことのように義務化しようとしています。
これらの政策が果たして、本当に国民のためになるんでしょうか。岸田政権はそう言いますが、信じることはできません。国民の信頼を裏切っているのは政治家たちです。安倍さん、菅さん、そして岸田さんと続いてきた政権によって、政治の劣化が進み、政権への国民の信頼感が低下していったのではないでしょうか。

今月4日に、北朝鮮によるミサイル発射があり、まったく関係がない伊豆諸島にJアラートが発信されました。建物の中に入るか地下に逃げてくださいって、本物の核ミサイルが飛んできたとしたら何の役にも立ちません。
こうしたことを考えても岸田さんがやるべきことは、核兵器をなくしていくことであり、ひとたび事故が起きたら地上の核兵器と化してしまう原発を廃炉にしていくことではないでしょうか。
核兵器禁止条約が作られたように、戦争そのものが犯罪であり禁止されるべきだという不戦条約のようなものを、日本が先頭に立って国際社会に呼び掛けていくべきではないでしょうか。岸田さんがやるべきことは、軍事力を強化することではないはずです。

 日本の医療体制や福祉体制が脆弱だったことが、コロナ禍で明らかとなりました。これは、国民の健康・福祉を最優先させるのではなく、国民の健康・福祉をも金儲けの手段とした結果にほかなりません。金儲けではない公が担うべきことを増やしていくことこそが、岸田さんがするべきことだと思います。


長生きすることに不安を感じるような国が豊かなはずがありません。求められているのは、命拾いをした被災者をさらに苦しめる政治ではなく、被災者が助かってよかったと思える政治ではないでしょうか。被災から9年。そんな政治がおこなわれることを相変わらず、痛切に願っています。

【写真】沢の拡張工事は終了しているようだが、その脇の道路がまだ完成していないため、未だに通行できないまま


①元町橋から山側の沢の様子


②元町橋から海側の沢の様子


③アマガエル?!

丸市おやじの「春夏秋冬」