■POLICY
当店は、
Let's enjoy our lifestyle on OHSHIMA!
をモットーとし、大島での磯釣りを楽しむお客様のお手伝いを通して、お客様に快適なFishing Lifeを堪能していただくことを願い、日々営業をしている釣具店です。
お客様の快適なFishing Lifeのため、当店が少しでもお役に立てたなら幸いに存じます。
店主 拝

魚はいる! 釣りに行くしかない!(竿を振り続ける中からしか、解を導くことはできない)
丸市おやじの「春夏秋冬」

2022.7.7 春 夏 秋 冬

<このところの釣果報告です>

ルアー釣りでの釣果報告

 ルアー釣りをする人がこのところ増えているようです。しかし、なかなか思う通りの釣果が上がっていないというのが近況のようです。報告があった魚種としては、アカハタ、ショッパチ、イサキ、ジャミシマ、イナダ等などです。特に、アカハタとショッパチは、話を聞いたほとんどの方から釣果として挙がっています。そうそう、エソも外道としてよく登場していました。

 ルアー釣り全体としては、満足できる良型が上がっていないということのようです。しかし、モンスター級のヒラマサがルアーを追ってきたという話や、何かわからないけどまったく太刀打ちできずにバラしてしまったという話は、複数の方から聞くことができました。

異口同音に、「魚はいる!!だけど喰ってくれない!!どうやったら喰ってくれるんだろう??」でした。

悔しそうに、しかし、なんだかうれしそうに話してくれたのが印象的でした。釣りに行くしかないですね。机上であれこれ考えるよりも、竿の一振りの方がはるかに魚に近づくはずです。あきらめずに竿を振り続ける中からしか、解を導くことはできないのではないでしょうか。

エサ釣りでの釣果

エサ釣りでの釣果としては、やはりダントツにイサキの釣果が他を圧倒しているようです。先週末に島を訪れた釣り人も、イサキをクーラーいっぱいにして満足して帰っていかれました。イサキ釣りは、今後もしばらくは暑い夜が続きそうな気配です。

さらに、イサキに次ぐ釣果が上がっているのがジャミシマです。なかには、40cm前後の良型も上がっているようで、こちらも当分楽しめそうです。釣れる場所も広がってきているようですので、混雑を避けて釣果も楽しめそうです。また、夜釣りでジャミシマ釣りを堪能している方もいるようですので、イサキと合わせて一石二鳥も狙えるのではないかと思います。でも、“二兎を追う者は一兎をも得ず”になっちゃったりしても、責任は負いかねますのであしからず、、、。

そのほかでは、ルアー釣りとも重なる魚種として、ショッパチやアカハタなども釣れているようです。残念ながら、アカイカはピークが過ぎたようです。それでも相変わらずキビナゴは売れていますので、まったく釣れなくなったわけではないようですが、、、。

もちろん、メジナ釣りを楽しんでいる釣り人もいます。35~45cmまでの型のメジナが顔を見せてくれるようで、スキルアップを目指してメジナの強烈な引き味を楽しんでいるそうです。

感染対策をしっかり取ったうえで、大島での釣りを楽しんでいただければと思います。

 

<参議院選挙がおこなわれます>

 

 「自公が改選過半数の勢い」だそうです。大丈夫でしょうか?今現在の停滞を招いたのは、自公政権による失政がもたらしたものです。アベノミクスの失敗は明らかにもかかわらず、岸田さんはそのことには何も触れません。異次元緩和をいつまで続けるつもりでしょうか。

 安倍さんが「日銀は政府の子会社ですから、返さないで借り換えていく、何回だって借り換えたって構わない」こんなでたらめを言ってもまかり通ってしまう。岸田さん、そんなことで大丈夫ですか。桜を見る会で新たな疑惑が出たいまこそ、安倍さんを黙らせるチャンスじゃないですか。それとも、岸田さんも安倍さんの言いなりなんですか。そういえば、「パパ活??」議員は岸田さんの派閥でしたっけ。さもありなんってことですか。

 核兵器禁止条約の締約国会議にオブザーバー参加もしない、広島出身の岸田さん。これでどうやって核保有国と非保有国との橋渡しができるというのでしょうか。本気で核兵器を地上からなくそうと考えているんでしょうか。まったく信頼できません。

 それどころか、プーチンさんによるウクライナ侵略をうけて、防衛費の増強を国際公約のように国会を無視して宣言した岸田さん。食料も自給できず、資源も輸入に頼り切っている国が、軍事力だけ増強して何をしようっていうのでしょう。しかも、米国の言い値で専守防衛とは相いれない武器を買わされるだけの防衛力増強が、なぜ国民の安全に役立つというのでしょうか。

 食糧の自給率を上げていくこと、再生可能エネルギーを増やしていくこと。こうしたことこそまず、しなければならないことではないでしょうか。今やっていることといえば、将来世代に借金や核のゴミのツケを増やして丸投げすることばかりです。そんな将来に対する不安が増すばかりだからこそ、子供も増えないのではないでしょうか。

 安倍さんの責任は重大でしょう。そもそも、ファーストネームで呼び合う仲を強調し、何十回と会談してきた安倍さんは、いったいプーチンさんとどんなことを話し合ってきたのでしょうか。結果、北方四島はインフラ整備をしてあげただけでかえってこないことが明らかになりました。あげく、プーチンさんによるウクライナへの侵略です。

 安倍さん、ウクライナ侵略後、プーチンさんを一度でもいさめましたか。それこそ、モスクワへ飛んで行って「ウラジーミル、侵略は今すぐやめるべきだ」って、訴えるべきなんじゃないですか。

 昔、猪木(ファンなんでこう呼ばせてもらいます)がイラクのフセインさんに直接会って人質解放の交渉をしたように、安倍さんが直接北朝鮮に行ってキム・ジョンウンさんと交渉して拉致被害者の解放を交渉してもいいんじゃないでしょうか。

 そうしたやるべきことを何もせず、最大派閥の長としてキングメーカー気取りで、後ろから岸田さんの足を引っ張るようなことばかりしている安倍さん。そんなことをしていないで、首相じゃなくなった今こそモスクワやピョンヤンへ行って宿願解決のために動くときじゃないでしょうか。それができないなら、さっさと政治家を辞めるべきではないでしょうか。

 維新の会の松井さん。もう、政治家を引退するって言っているわけですから、代表も辞職するべきではないでしょうか。それとも、引退するっていうのはウソなんでしょうか。引退した後には全国政治の責任は負えないんですから、大阪の首長として残りの任期に専念するのが筋ではないでしょうか。

他党を「昭和の発想」だといって松井さんは批判していますが、万博を開いてそのあとにバクチ場を作るっていうことの方が、昭和の発想そのものじゃないでしょうか。「夢よもう一度」って、私にはそう思えてなりません。

 そもそも、税金は使わないと言っておきながら、土地改良整備のために何百億円も使うなんて、大阪市民・府民に対する“詐欺”といっても過言ではないでしょう。
コロナ禍による死者が一番多く、致死率が一番高いのは大阪です。これこそが橋本さんから今に至る維新の政治の結果です。大阪の惨状が全国に広がるなんてまっぴらごめんです。そう思っているのは私だけでしょうか。

 

 ※拓郎のラストアルバムです。何日も前に入手しましたが、開封して聴く勇気?!が湧いてきません。聴いてしまったら、すべてが終わってしまうようで怖いのかもしれません。聴きたい、いやきかなきゃダメだ。でも、聴いちゃったら、拓郎引退っていう現実を認めてしまうことになる。それはまだ受け入れたくない。

 この葛藤はいつまで続くのか、私にはまったくわかりません。


①来店したがっていたので近付いていくと、トットコと逃げていったクジャクくん


②こんなところにたくましく


③拓郎のラストアルバム

丸市おやじの「春夏秋冬」