■POLICY
当店は、
Let's enjoy our lifestyle on OHSHIMA!
をモットーとし、大島での磯釣りを楽しむお客様のお手伝いを通して、お客様に快適なFishing Lifeを堪能していただくことを願い、日々営業をしている釣具店です。
お客様の快適なFishing Lifeのため、当店が少しでもお役に立てたなら幸いに存じます。
店主 拝

お盆休み。釣りに花火に動物園。大島の夏を楽しんでください
丸市おやじの「春夏秋冬」
投稿日: 2017/8/12(土)

2017.8.12 春夏秋冬


①台風一過の8日の元町桟橋

 

<I君からの釣果報告です>

 

 7日の休日は、長寿迷走台風5号が接近中のために釣行ができずに、家の中にこもって読書に励んでました。文字通りの“晴釣雨読”の一日となりました。

 しかし驚くことに翌日、I君から釣果報告が入りました。元町は台風のウネリがのこっていたので、釣りができる状況ではなかったのですが、岡田の方面ではそうでもなかったらしく釣りができたそうです。しかし、みなさんはくれぐれも無理はしないでください。安全第一での釣行をお願いします。

 I君は、8日の朝7時頃アジの泳がせで2.9㎏のヒラマサをゲットしたようです。しかし、私自身が釣行ができなかったために、次週の休みの釣行結果と一緒に報告すれば良いだろうと、すぐにはI君の釣果報告をブログに掲載せずに来ました。

 しかし、考えてみれば世間的にはお盆休みのため、14日の月曜日も休みなく営業することになっていたことをすっかり忘れていたことについ先ほどになって気付き、慌ててI君の釣果報告をブログに掲載することにした次第です。


②I君の釣果・2.9㎏のヒラマサ

 

<大島の夏まつり>

 

 お盆休みということで、友人一家三世代6人が遊びに来ていました。私が強力にすすめた大島動物園。至近距離でのレッサーパンダやワオキツネザル、お土産にもらえる動物の写真の缶バッチ、そして何より入場無料。大好評でした。

 夏まつりが始まる前には、野増桟橋で釣りです。小学生とお父さん。お母さんは下の子の子守りをしながらの見学です。これは、接待釣りってことになるんでしょうか。

 小学生にはサビキ釣り。お父さんにはカゴ釣りを用意しました。サビキ釣りから手本を見せていると、いきなりカワハギが釣れました。ラッキー・面目躍如です。その後はカゴ釣り。こちらもいきなり、コナガくんが釣れました。名人みたい(笑)

 そこから、お父さんの苦闘が始まります。ケチの付き始めは、せっかく掛けたショッパチくんを釣り落としてしまったところからです。それ以降も、2度ほど釣り落としをしていました。せっかく釣り上げても、外道のカゴカキダイだったりと、良いところなしです。

 一方、小学生の長男君は釣り落とすことなく、ジャミシマ君を三尾確実にモノにしていました。父親の威厳は海の藻屑と消えてしまったようです。

 その後、息子が釣ったジャミシマよりきも~ち大きいジャミシマを釣って、父親としての威厳をこれまたきも~ち取り戻しましたが、いかんせん後が続かず終了してしまい、威厳確立とまではいかなかったようです。


③アベレージ20㎝のジャミシマ

 それにしても、小さい子どもの両親は大変ですね。しかも、男の子が二人っていうのは。どこにそんなに体力があるのかっていうぐらいにパワフルだし、忖度のその字もないし、自由奔放です。でも、だからこそ可愛いんでしょうね、子どもって。子育て真っ最中の両親には頭が下がります。子どもに負けないパワーで、子育てを楽しんでもらえればと感じました。


④捌かれて塩をふられてお土産となった釣果

 夕食後は、夏まつりの夜店めぐりと、花火見物です。わずか30分という短い時間ですが、都会では考えられない近さでの見物です。あいにく、最後の10分ぐらいのところで小雨がぱらついてしまい、屋外から屋内に避難しての見物になりましたが、それでも楽しんでもらえたようです。子どもたちは、花火そのものより音に興奮していたようですが、、、。

 とまれ、「まだ帰りたくない!!」と、ごねるほどに子どもたちには楽しかった大島での休日だったようです。めでたしメデタシでした(笑)

⑤~⑦夏まつりの花火

追伸
今日の元町桟橋は賑わっているようです。
コマセを買いながらお客さんが、それぞれの釣果を報告してくれます。
ルアー釣りだけでなく、カゴ釣りなどのエサ釣りでもカンパチやヒラマサ・イナダなどの青物や、良型のイサキなどが釣り上げられているようです。
元町桟橋、お盆休みの狙い目かもしれません。

丸市おやじの「春夏秋冬」
2017.7.12 水曜日
お久しぶりです。波浮桟橋、工事で規制ありのお知らせなど

お久しぶりです。梅雨が明ける前から、暑さに負けそうです。皆さんはいかがおすごしでしょうか?桟橋の状況だけでも、お知らせしなくてはと思い、気合を入れて書きます。

波浮桟橋は、工事のために、日中と平日の釣りは無理なようです。泉津桟橋は、釣り人の行方不明事故いらい、夜釣りをしていると、お巡りさんに注意をされ、撤収を促されるそうです。又、先端に2人くらいしか入れないので、小競り合いもあり問題になっています。

先日は、岡田桟橋ですら、マナーを守らない釣り人との間で、もめ事があったようです。桟橋釣りはお互いにゆずり合って、マナーを守って、せっかくの楽しい釣りを台無しにしないでください。お願いします。そうしないと、だんだん釣りができる場所が制限されてしまいますから。

特に夏場は、客船が出入りしている時間帯での桟橋への車の進入が制限されます。状況を掌握した上で、釣りを楽しんで下さい。

今は、鯵・さば・イサキが釣れています。ルアーの方は、ショッパチを上げています。日中よりは夜釣りのほうが、鯵もお刺身サイズです。イサキはサイズがイマイチですが、脂がのっています。

磯は、オナガ・シマアジ・マダイ・コロダイ・イサキというところでしょうか。昼は休憩して、夜にかける釣り人が多いようです。暑さに注意して安全な釣行をお願いします。天気予報をよく見て、自分でよく判断して事故にならないように願います。

九州北部の豪雨災害被害のニュースを見るたびに、大島の土砂災害とだぶり、気が休みません。復旧・復興の大変さを骨身にしみてわかっているので、同じ苦難の道筋を通るのかと思うと、気の毒になります。私達も、多くの方々に助けてもらっているので応援します。「まさかの時の友は、真の友」を肝にめいじています。

災害による重い気分と相まって、日々繰り返されている日本の政治状況のひどさに、怒りを通り越して、吐き気を感じています。

うちの店に、シンガポールから釣りに来ている常連さんがいるんですが、私が「シンガポールって政治的にはどんな国?」と、以前聞いたことがあったんですが、それに対して「うん、明るい北朝鮮!物価はニューヨーク並み!」と即答(笑)!いや~ものすごく受けた!!

この時の返事が忘れられなくて、今の日本をどう表現すればいいかと、いつも考えています。まともな政治家はいないし、時代認識がめちゃくちゃな奴がご寵愛政治をしちゃってるし、言いたくはないけども、もはや「売国奴」だね。

先日、湯河原温泉に行ったら、乗るタクシーすべて、宿で働いている人しかり、

「湯河原は名所が少ないから、ご案内しています。」と、

「お客さんが泊まる宿は、かの有名な舛添さんの別荘から50メートルの所です。今は公用車じゃないから、いつもタクシー利用です。今日は来てますね。」とか、

「ベランダから見えるのが、奥さんの実家であった舛添さんの別荘です」(思わず写真を撮ってしまいました)

「灯りがついているから、今日はいるね」とか。

いや~皆さん明るい笑顔でしゃべることしゃべること(笑)

やっぱり権力を悪い政治に使うと、一生、衆人環視の中で言われちゃいますよね。裸の王様だね!!