■POLICY
当店は、
Let's enjoy our lifestyle on OHSHIMA!
をモットーとし、大島での磯釣りを楽しむお客様のお手伝いを通して、お客様に快適なFishing Lifeを堪能していただくことを願い、日々営業をしている釣具店です。
お客様の快適なFishing Lifeのため、当店が少しでもお役に立てたなら幸いに存じます。
店主 拝

オヤジ加齢が原因か。凡ミスでチャンス逃す
丸市おやじの「春夏秋冬」
投稿日: 2018/2/21(水)

2018.2.21 春夏秋冬

 

<凪いだ、凪いだ、西側磯が凪いだ!!>

 

 休日に風が凪いだのはいつ以来のことだろうか?と、しかと思い出すことができないほどに久方ぶりのことです。すぐにでも釣り場へと向かいたいところではあったけど、よんどころない用事があってそれはできない相談でした。そのため、急いた気持ちをなだめながら誰かさんのように粛々?と用事を片付けてから、いそいそと釣り場へと向かったのでした。

 陽射しはあまりない曇り空でしたが、以外にも暖かい陽気でした。春の訪れもそう遠くはないと、実感させられました。不思議なものでそうなると気持ちの方も自然と陽気なものになっていったようで、「今日は釣れる!!」と、勝手に決めつけていました。

 その予感通りに、仕掛けを準備して釣り開始からわずか三投目。早速中りが出て、簡単なやり取りの後、クチブトくんが顔を見せてくれました。35㎝には届きませんでしたが、最初の一尾としては満足できるお魚さんでした。いつものように、「大きくなってまた俺に釣られるんだぞ!!」って言い聞かせてからお見送りです。


①三投目に早速顔を見せてくれたクチブトくん

 「今日は良いぞ!!もらったな!!」何をもらったんだか。意味不明ですが、思わず口元が綻びます。気分は“確変確定!!”ってとこです。しかし、良い歳したおっさんが、磯で一人ニヤついているのはきっとブキミでしょうね。私なら、絶対に近寄りません。むしろ、遠ざかりますね。

 まァ、それはともかく、私の勝手な思い込みがもろくも打ち砕かれるのに、そう多くの時間は要しませんでした。なぜかわかりませんが、最初の一尾以降まったく中りが出なくなってしまいました。付けエサも取られたり、残ってきたりと、魚がいるのかいないのかはっきりしない混沌とした状況です。

 

<気分転換に道草を>

 

 中りが出ない状況が1時間以上続いたころ、気分転換に道草をすることに決めました。磯際に付いているハンバを少しだけ頂戴し、付けエサとして針に掛けました。狙いは言うまでもなく、ブダイくんです。

 さて、どうなることやらと、仕掛けを投入しウキの様子を見ていると“答え一発!!カ〇オミニ!!”って感じでしょうか。スルっスルっとウキが沈んでいきました。合わせも一発で決まり、重量感溢れる手応え。期待を裏切りませんね、ブダイくんは。カラフルなオスのブダイくんが顔を見せてくれました。キロアップの良型です。この時期、やっぱりブダイは狙い目です。


②期待を裏切らないブダイくん

 ブダイくんによって気分転換ができ、「魚がいないわけじゃない」ってこともわかったので、メジナ狙いにすぐに戻りました。針もしっかり結び直し、準備万端です。気持ちも釣り始めのテンションに戻り、釣れる気満々です。あくまでも、釣れる気満々です。

 

<なぜ、なぜ、なんでナの?!>

 

 メジナ狙いに戻してからそれほど時間が経たないうちに、大物らしき中りが出ました。ウキがしっかりと入り込んだのを見届けてから合わせを入れました。これがまずかったのか、前回に続いて足下まで寄せた後の突っ込みによるハリス切れでした。訳が分かりません。なぜ、なぜ、なんでナの?!

 合わせが遅すぎたのか。そのために針を飲み込まれてしまったのか。ここのところの釣りで、合わせがうまくいかずにウキとの衝突回避を繰り返していたために、知らずしらずのうちに早合わせに対する恐怖心が沁みこんでしまっていたのかもしれません。しかし、いくら考えてみても後の祭りです。ハリス切れという結果は変わることはありません。

 それでも未練タラタラ。逃した魚は、、、。いつまでもくよくよと、うじうじと考え込んで、引きずってしまうのが凡夫のなせる業。心ここにあらずという状態のまま、マズメのチャンスタイムに突入していました。


③・④ハリス切れのあと立て続けに釣ったメジナくん

 

<信じられない凡ミスから強制終了の憂き目に>

 

 気持ちを立て直すことができないまま、夕マズメを迎えてしまいましたが、立て続けに中りが出ました。しかし、気持ちが入らないのを反映したのか、イマイチの型でした。30㎝を少し超えるのがやっとというところでした。それでも魚の顔を見たことで目が醒めたのか、電気ウキに灯りをともして大物一発の中りを待ちます。

 すると、ウキがその灯りをゆらゆらと広げるような感じで海中に引き込まれていきます。合わせを入れると、しっかりとした手ごたえが届きました。たそがれ時のため、ハッキリと魚種の判別はつきませんでしたが、そこそこ長さがあるのはわかりました。が、メジナにしては痩せている感じです。タモ入れしてあげるまで気が付きませんでしたが、イサキくんでした。ジャンボって言ってもいい型です。この時期のイサキは色が濃く、見た瞬間はメジナか?!って感じます。たぶん、居付きのとぼけたイサキだと思います。


⑤居着きのイサキくん

 このイサキを境にヘッドライトを使おうと、荷物の中から取り出そうとしましたが、見つかりません。血の気がサーっと引いていく音がハッキリと聞こえました。ビビりました。ミニパニック状態です。こんな時のために、キーホルダーにペンライトを常備していることを忘れるぐらいでした。

 この、自分でも信じられない凡ミスによって、強制終了です。慌てて、撤収の準備に取り掛かり、引き揚げました。幸い、完全に暗くなる前でもあり、ペンライトの存在も思い出すことができたので、無事に駐車場までたどり着くことができました。

 しかし、良型が一番期待できる時間帯に、凡ミスによって強制終了の憂き目に陥るとは、情けないにもほどがあります。しかも、ヘッドライトが車の中にあったことが分かり愕然となりました。これが意味することは、無意識のうちに釣り場に向かう前に、磯バッグの中からヘッドライトをわざわざ取り出して車に置いてきたっていうことです。

 無意識にこんなことをやってしまうなんて、危なかしくって怖すぎます。今後の釣行が思いやられます。加齢が原因なのかどうか、定かではありませんが、大いに落ち込んでいるところです。なにせ、自分で自分が信用できなくなってしまったんですから、これほど恐ろしいことはないのではないでしょうか。


⑥梅の花が綺麗に咲いています

 

<安倍政権の本領発揮ですね>

 

 裁量労働制に関する答弁を安倍さんが撤回し、謝罪をしたことが問題になっています。当然ですね。安倍政権の本質が、ものの見事に示されているのではないでしょうか。本来なら比較対象にならないデータを突き合わせて、自分にとって都合のよい結果をでっち上げ、あたかもそれが真実であるかのように言いなす。まさに本領発揮です。

 朝日新聞に噛みつく安倍さんのやり方も、本質的には全く同じです。麻生さんが、立憲民主党が街宣車を国税庁に手配したというのも同じです。ウソやデマを飛ばして印象操作をするのは、安倍政権のそれこそ真骨頂でしょう。

 今回のことによって、働き方改革ではなく働かせ改革だということもハッキリしたのではないかと思います。働き方改革関連法案が、働く側ではなく、働かせる側が望んでいる内容そのものだということです。働く側が望んでいることとは反対の内容だということでしょう。過労死が減るどころかサービス残業が横行して、むしろ過労死が増えてしまうのではないでしょうか。

 こんなとんでもない法案を国会に上程すること自体、犯罪的といっても過言ではないのではないでしょうか。森友問題に対する対応といい、米軍の航空機事故に対する対応といい、誰のための政治なのかさっぱりわかりません。わかることは、米国・米軍に対するお追従の姿勢であり、それとは反対に国民を見下した姿勢です。

 価格ではなく金額についての話だ、などというこれほど国民を見下した答弁をこれ以上許していいものでしょうか。安倍政権が、佐川さんや昭恵さんの国会への招致を求める世論を無視するのは、内心は恐れているからに他ならないでしょう。未だに籠池さんを保釈にすらしないということを見てもそれは明らかです。これ以上の人権蹂躙はないでしょう。

 安倍政権は、後ろめたいことばかりなのでしょう。心当たりがありすぎるっていうことでしょう。そろそろこの辺りで、それらについてはっきりさせる必要があるのではないでしょうか。“遅すぎることはない早すぎる冬よりも”ってところでしょうか?

丸市おやじの「春夏秋冬」
2017.9.29 金曜日
電子通貨「しまぽ」開始!その他、通行止めのお知らせなど。

お知らせです。

10月2日から12月中旬位まで、海のふるさと村へ下る道路が、一周道路の入り口から、補修工事のために進入禁止・通行止めになります。

ふるさと村の宿泊者のみ、1日4回の送迎車利用でしか入れないとのことです。したがって、この期間のメメズ浜周辺での釣りは、諦めて下さい。くれぐれも強行突破など無謀なことはしないでください。よろしくお願いします。

もう一つ、注意喚起しておきます。

以前からそうですが、相変わらず波浮堤防での、状況判断のミスで、あわやの人・車の転落一歩手前の事故が起きています。ウネリが堤防を思わぬ方向から洗ってきて、道具やエサが流されているのです。大きなうねりは、相当な時間間隔で襲ってきます。じゅうぶんに注意してください。

すでにご存じの方も多いと思いますが、10月2日から3月31日まで、しまぽ通貨が発行・運用開始されます。7000円で購入すると、プレミア額3000円が付く電子のプレミアム付き宿泊旅行商品券です。電子通貨で、島内での宿泊や商品購入ができます。

当店も、釣り人に「エサや釣り具購入に使いたい」と要望がありましたので、加盟店になりました。しかし、宿泊とセットなので、皆さんが定宿にしている釣り宿が加盟しているとは限りません。

パソコンやスマホを所有していなかったり、高齢で使えなかったりで、うちが懇意にしている釣り宿は加盟しませんでした。この点が非常に残念です。少しでも、みんながお客さん共々、お得にと思い誘ったのですが・・・。

10月2日は定休日ですので、うちは3日から開始となります。そして、ここであらかじめお断りしておきますが、しまぽ通貨でお支払いの場合、当店のポイントカード押印や磯釣り貸し車代金、タバコ代は、除外させていただきます。カード会社への手数料負担がありますので悪しからず。