伊豆大島の磯釣り・堤防釣り 丸市釣漁具店

 

■POLICY
当店は、
Let's enjoy our lifestyle on OHSHIMA!
をモットーとし、大島での磯釣りを楽しむお客様のお手伝いを通して、お客様に快適なFishing Lifeを堪能していただくことを願い、日々営業をしている釣具店です。
お客様の快適なFishing Lifeのため、当店が少しでもお役に立てたなら幸いに存じます。
店主 拝

2015.3.21  店舗兼居宅の施工業者決まりました

お彼岸で、朝5時起きをして、母親をお墓に連れていく予定でしたが、雨が降っていたので午後に延期にしました。

連休で、釣り人の数も多くて、皆さん、釣る気満々でエサ選びにも 気合が入っていました(笑)。

『まぼろしの48・5㎝のめじな!』もありましたので、ダービー登録者も増えて、昨日で150人となりました。

今月は40㎝の方1名しか掲示がありませ んので、チャンス大ありです。

ダービーも残すところあと10日となりました。

月末までのお客さんの予約も多く入っているので、サイズオーバーは確実だと予想しています。

諦めずに チャレンジしてください(笑)。

おかげさまで、店舗兼居宅の施工業者が決まりました。

コンクリートの躯体工事は、静岡の業者さんに、設備・大工仕事は地元の業者さんに決定しまし た。

皆さん、よく引き受けてくれたなと感謝です。

高性能RC工法ということで、ラーメン工法とは違う工法ですが、工事人員も少なくてすみ、資材の無駄がなく、環境にも優しい工法 だと思います。


土砂にもめげない庭の花にら

5月連休明けには着工してくれるとのことです。

助かりました。

正直に言って、40件アクセスして1件でした。

同じ工法の会社は沢山ありましたが、離島不可の門前払 いの回答ばかりでした。

東北の被災地には協力・支援と、資料には沢山書いてある業者さんも多くありましたが、被災軒数の少なさと海を渡るリスクまでは負えないということでしょう。

利益が出ないということでもありますし。

「本当に、良く引き受けてくれましたねえ。なぜ?」

という私の疑問に

「断る理由がなかったからです」

との答えでした。

この短い言葉の言外に、色々と深いものを感じて、私はしっかりと心の奥深いところで受け止めさせてもらいました(笑)。

瞬時に発せられた短い言葉に、意気とインテリジェンスと年輪を感じました(笑)。

良かったです。

後で知ったことでしたが、相当なキャリアをお持ちの方でした。

感謝です。

これで、年内完成と仮店舗からの引っ越しもできます。

ここに至るまでに、沼津・熱海・伊東の各業者さんにも、いろいろとご協力していただき、お世話になりました。

気にしてもらっているだけでも、ありがたかったです。

釣りのお客さんのみならず、うちで泥出しを延々とやってくれていたボランティアの方達も気にかけてくれて、時々、店に顔を出してくれています。

人のつながりがあれば、風化はないかな?とあくまで前向思考です(笑)。

これからま だまだ、一山越え二山越えですが、色々な方達の協力を得ながら足元からの復興を成し遂げたいと思います。