伊豆大島の磯釣り・堤防釣り 丸市釣漁具店
■POLICY
当店は、
Let's enjoy our lifestyle on OHSHIMA!
をモットーとし、大島での磯釣りを楽しむお客様のお手伝いを通して、お客様に快適なFishing Lifeを堪能していただくことを願い、日々営業をしている釣具店です。
お客様の快適なFishing Lifeのため、当店が少しでもお役に立てたなら幸いに存じます。
店主 拝

2015.1.12 明日は明日の風が吹く

皆さん、本年もよろしくお願いします!

年明けから強い風の日が続き、釣り人にとっては大変なコンディションでした。

昨日も、身構えなくてはならないほどの風でしたが、朝マズメに46センチのメジナを上げた方が、ダービーの検量にみえました。暫定1位のサイズです。

泉津の鉄砲場だそうです。

バッカンの中には、40㎝前後のメジナが3~4尾入っていました。

ダービーへのエントリー者は100人を超えていますが、38㎝~40㎝で苦戦しているようで、検量まではするのですが「あ~あ!いってないや!」と言って、店内の釣果報告には、書かないでくれという方もおります(笑)。

以前は、200人超のエントリー受付になっていて、1か月内に15~20人の方の記録が掲示されていました。

1月25日からは、椿祭りも始まり、交通費や宿泊費の助成も続いています。お得に釣行計画が立てられると思うので、頑張って通って来て下さい。

岡田桟橋では、地元の方達が、15~20㎝位のムツと鯵をやっています。

西風の日が多いのですが、元町・差木地(サシキジ)堤防であげた43~43・9㎝のメジナがダービーの釣果報告として掲示されています。

波浮桟橋と付け根の磯は、年明けの釣り人の遭難により、一部、ロープが張られています。皆さん、無理をせずに注意をして釣りを楽しんで下さい。

今年は、新店舗建設・開店に向かって、忙しい日々になりそうです。

ホントーに!狭い店になってしまいますが、64歳の私が、せいぜい生きて20年なのに、寿命よりも長い建物を建てようとしているわけですから、先を見据えて、折れない心でやっていくだけです。

『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラではありませんが「明日は明日の風が吹く」です。

新しい挑戦で、知らないことばかりなので、『新築なのに、増築扱いになってしまう事態』にもビックリして、慌てて分筆登記をするはめになっています。

つまり、自分の庭に建てることで、すましていたのですが(笑)、そのまま建てると増築としか認められなくて、お風呂・キッチン・トイレなどを作る事はできない仕組みなんだそうです。

だから、分筆して(測量と分筆登記で50万)建てないと新築できないんだと。

行政も含めて、いろいろな方に教えてもらっています。

いつの時代から、このような仕組みになって来た?のか、必然的な事なのか?とか、調べたくなる好奇心に駆られますが、まあッ!いいかッ!

ともかく、がんばりま~す(笑)!!